どこで抹消手続きをするのか

そんな愛する自動車がある日突然何らかの理由で動かなくなったとしたらどうしますか。当然専門の修理業者に修理を依頼するでしょうが、ここでも修理不能といわれた場合どうしますか。動かせる車なら査定してもらって下取りに出すという方法がありますが、動かない車だとそう簡単にもいかないでしょう。愛する自動車ですが、こうなっては廃車にするしかありません。皆さんは廃車と聞いても、例えば廃車を解体する町工場のような解体場や、廃車がずらり並べられた廃車置場のような光景しか想像できないかもしれません。廃車というとそうしたビジュアルな廃車のイメージが付きまといます。ですが当然廃車に伴う関係の手続きが必要ですし、廃車に関する知識を知っておくに越したことはありません。廃車手続きと聞くとなんだか難しそうで、実際に廃車するとなると代行の業者に手数料を渡してやってもらうことが多いようです。ですが、実際には廃車の手続きはそれほど難しいものではありません。時間に余裕のある人なら、陸運局等へ行って、不明な点などは窓口で質問しながら廃車の手続きを進めていくことは可能です。廃車にかかる費用を少しでも少なくする意味でも、また廃車の過程を通じて自動車のことをあれこれ知る意味でも、是非自分で廃車手続きをやってみることをお勧めします。
それでは、いざ自分で廃車手続きをしようと思えば、どこへ行ったらいいのでしょうか。普通乗用車の書類上の廃車手続きは陸運局で行います。廃車しようと思っている自動車が軽自動車の場合は、書類上の廃車手続きは軽自動車検査協会で実施されています。その所在地は陸運局と異なる場所にあります。登録自動車のナンバープレートまたは住民票がある陸運局または軽自動車検査協会で廃車手続きを行うことができます。
廃車手続きの際には様々な必要書類に記入する必要がありますが、記入方法のサンプルが窓口に備え付けてあり、不明な点は窓口で問い合わせたらよいでしょう。
ところで実際に自動車の抹消登録の手続き、つまり廃車を自分でやったことのある人はあまりいないのではないでしょうか。廃車手続きを代行する業者や行政書士がいて、費用は2,000円から1万円くらいで行っていますので、時間がない場合などそれを利用する人が多いですが、実際の廃車手続きはそうした専門家に依頼するほど難しい手続きではありません。時間に余裕のある人は自分でやってみてもいいでしょう。
また二度とその自動車を使用しない永久抹消登録を行う場合は解体届(自動車を解体したという証明)が必要となります。従って自動車の解体を依頼した解体業者も必要となります。

自動車の抹消手続きについても不明な点があれば自動車の解体業者や中古車販売店などに問い合わせてもよいでしょう。

最終更新日:2017/3/30