廃車を動かす方法

さて、自動車を廃車にする場合、まずは地方自治体で登録された解体業者に連絡し、廃車にする自動車の解体を依頼します。その際考えておきたいのは、解体業者に自動車を渡す方法、つまり解体場まで自動車を動かす方法ですが、解体業者に引き取りにきてもらうと、陸運費用がかなりかかってしまいます。ですので、廃車のかかる費用を安く抑えたいのであれば、余計な費用がかからないようにするために、自分で運転して解体場まで持っていくとよいでしょう。ですが、どうせ廃車にするのだからと思って、自動車を長い時間ほったらかしておくと、いざというときエンジンがかからなくなったりして大変です。そこで廃車時にも解体場まで走行できるように、自動車をいつでも動かせるよう手入れをしておきましょう。特に定期的にエンジンをかけるようにしておきます。特にバッテリーが上がらないように注意が必要です。
自動車をいつでも動かすことができるよう、定期的にチェックしておくことの他に、車検期間と自賠責保険の期限を確認します。どちらかが切れていたら自分で公道を走らせて運転することができません。自賠責保険が切れていたら、自賠責保険に短期間加入します。そうして仮ナンバーを取得すれば、自分で運転することが可能になります。仮ナンバーは各市町村で取得できますが、仮ナンバー申請時に運転できる期間、経路を申請しなければならないので注意が必要です。廃車にすることを決めたら、その手順を調べ、また廃車に要する時間や費用も理解しておいて計画を立てます。無駄な時間や費用がかからないようにしておくと良いでしょう。
車検切れの場合
たとえ車検が切れていたとしても、自賠責保険の有効期間が切れていない場合、各市町村の役所で仮ナンバーを取得する事によって、期間限定で公道を走る事ができます。仮ナンバーはその申請時に運転する期間、経路を申請しなければならないので注意が必要です。自動車の廃車を決めたら、効率的な計画を立てておきましょう。廃車に関する手続きは早め早めに行った方が無駄な時間や費用もかからず、スムーズに行えます。それ以外に場合によっては自動車税、重量税、自賠責保険の還付もあるので経済的です。注意が必要なのは自動車をローンで購入し、ローンの支払いが終わっていない場合です。その場合所有者がディーラーやローン会社であったら、廃車手続きにそれらの委任状が必要となるので、手続きに1週間かそれ以上の時間を要します。ですから前もって所有者に相談し、準備をしてもらうと良いでしょう。以下廃車手続きに必要な書類を整理します。
車検証
車検証に記載の住所に変更があった場合は、現在までの変更内容が確認できる書類(住民票など)が必要です。
ナンバープレート
前後のナンバープレートを外して用意します。
印鑑証明書
発行から3ヵ月以内のものを用意します。
所有者の実印
印鑑証明書と同一の実印で所有者以外の代理人が手続きをする場合、所有者の実印が押された委任状が必要となります。
自動車リサイクル券
法律で定められたリサイクル料金を支払った時に発行される証明書です。
銀行、郵便局等の口座番号

車検が1ヶ月以上残っていれば自動車税の還付があるので、還付の振込先の情報が必要です。

check

オリジナルポロシャツの販売
http://www.wedia-t.com/products/list.php?category_id=8

2014/10/29 更新